Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
Sponsored links
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
デトックス
8日から10日にかけて、集中デトックスを行ってきた。
体内の浄化と精神的な浄化込み。

ムリヤリ感のない、むしろやる気のない人たちはほって置かれるし、逆に真剣にやってる人は色んな体験ができるところ。
教師とかヒーラーなんかいない。先に体験した人が、その体験を語り合ったり、あとから来た人はそういった先輩達の話を聞いて、気が楽になったり、見習ってみたり、そんな自然な交流のできるところ。
和風の建物の中で、ぼんやり富士山を眺めているだけでも、心の落ち着くところ。
「ああしなさい、こうしなさい」なんて言う人はいないので、ほって置かれたかったら、一日中でもぼんやり囲炉裏部屋なんかでボオ〜ッとしていられるところ。

今回は曇り空で、時折小雨の振るような三連休だったので、富士山は雲の中にすっぽりと隠れて全く見えたなかったけれど、雲好きの私にとっては、刻一刻と変化する雲を眺めながら電車移動するだけでも、十分幸せな気分を味わえた。
山の近くの曇って、平地とは全然違うんだね。とてもいきいきしていて、伸びやかで美しい!
最近、たまたま本屋で富士山と雲の写真集を購入して、「雲って良いよなあ〜」って思いながらうっとりとしていたのだけど、現実に見に行くことができて、本当に良かった。日常であんなに雲を眺めていられるなんて、なかなかないからなあ。

今回は特別、二泊三日の特別コースなので、1日のメニューが決まっていた。
子供連れで、その息子が退屈しやしないかと心配だったが、彼は抵抗もなく同じメニューを体験して「面白かったー!」なんて、言っている。親が思っているほどもう幼くはないのだな。
メニューの中には「30分の酵素風呂」「1時間の音楽瞑想」「朝食瞑想」がメインにあって、それぞれ1日1回ずつこなせば良いのだけれど、彼にとっては「朝食瞑想」が一番大変カナ、と思っていた。何しろ一口300回を目安に、食べ物に感謝しながらゆっくりゆっくり噛むことを繰り返すんだから。ゆっくり噛むのって子供にはむずかしいでしょう。大人だってゆっくり噛んで味わうことなんか忘れちゃってるし、「そんな時間ないよー」って口の中に放り込むだけで、さっき食べたものでさえ忘れてたりする。
でも、ここではゆっくり味わってもいいんだよなあ、って自分に言い聞かせて時間を掛けて食べるのを楽しんだ。自分の選んだ囲炉裏端に座って、窓の風景なんかを眺めながら食事したら、玄米とみそ汁とおつけものだけでもすごく贅沢なものを味わっている様な気になって、とても心が満足しているのが分かった。
息子もマネして、お子さま用の目玉焼きメニューを断って、大人と同じものを食べた。ゆっくりゆっくり食べるのは大変そうだったけれど、文句も言わずに淡々とやっていた。息子がちょっとたくましく見えたよ。
posted by: いすみつかさ | スピリチュアルライフ | 13:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 13:59 | - | - |









この記事のトラックバックURL
http://uminekotei.jugem.cc/trackback/34
トラックバック